一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てはマンションと違ってどんなメリットがあるのでしょうか。やはり一戸建てのメリットとしては周りの影響をうけないで比較的自由に自分たちのペースで生活を送れるということが一番のメリットではないでしょうか。敷地の中に庭もあれば、駐車場もあります。マンションの場合には1階なら庭付きもあるかもしれませんがなかなか駐車場まで希望通りにはいきません。しかし敷地内に庭も駐車場もあるというのが一戸建ての特徴です。そしてペットも自由に飼うことができますし、建物の外向工事などについても自由に自分で考えてリフォーム可能です。マンションは住宅ローンのほかにも管理費や修繕費なども必要になってきますが、管理費も修繕積立金なども必要ないというのが一戸建てのメリットです。
そして一戸建てなら自分の土地になりますから、その場所に将来的には建て替えもできるのですが、マンションの場合にはそうはいきません。マンションと一戸建ての違いはここにあると思います。ではデメリットの方はどうでしょうか。一戸建てのデメリットとしては、マンションと比べてみると立地条件的に駅に近い場所というのが難しいかもしれません。
そして建物のメンテナンスなどもすべて自分ですし、マンションに比べると機密性や断熱性には劣るかもしれません。ワンフロアではありませんから高齢になったときに大変であるというようなデメリットもあります。
このようにメリットデメリットがありますからよく考えて購入しましょう。

一戸建てを購入する際には建売なのか注文建築なのかという点で大きく違いが出てきます。建売物件のメリットとしては、いろいろと打ち合わせをしなければいけないこれから立てる物件に比べるとすでに家のイメージがわいていますからその点は打ち合わせの手間が省けるという特徴があります。完成している物件ならどこがどうなのか確認することも可能です。建売の物件を買うということは、それだけ時間が経過すればどんな家になるのかも確認できるのでいいと思います。1年過ぎた物件などはサッシ部分に影響が出たり、床鳴りも気になりますし、場合によっては建具も少し開閉しにくいというケースもあると思いますから、そんなことも建売の物件の場合には購入前に調べてたうえで購入できるというメリットがあります。
では次に建売の物件のデメリットとしてはどんなことがあげられるのかというと、完成していますから間取りなどの融通は一切聞きませんし、建築をしている状態では確認しようがないので、どうやってこの家が建てられたのかということを知ることができません。間取りを変更したいと思っている人にとっては一戸建ては建売は向かないと思いますし、しっかりと自分の家がどんな風に建っているのか確認してから購入したいと思っている人にとっても一戸建ての建売は向きません。
打ち合わせが面倒である程度イメージしたうえで購入したいと思っている人にとっては建売の物件は向いています。

一戸建て住宅を購入してからトラブルになるとうことはよくあることです。たとえば一戸建てを購入してから売買契約後、引き渡しの後に販売元とトラブルになってしまったらどうすればいいのかと思っている人も多いと思います。もしも重要事項説明や売買に関するようなことについてのトラブルの場合には自治体が管轄している部署に相談をするのが一番です。たとえば東京の場合には住宅政策推進部不動産業課というところがありますので、そちらで不動産相談をすると話を聞いてもらえると思います。
また住んでからもしかして一戸建てが欠陥住宅ではないかと心配になったり実際に欠陥住宅だということに気がついてしまったという場合にはどうすればいいのか、それは住宅リフォーム紛争処理支援センターというところがありますので、そちらでは一戸建ての不具合や欠陥住宅についてもきちんとトラブルを解決してくれたり、相談に乗ってくれますから一度相談してみるといいかも知れません。
それぞれ住んでいる場所の管轄の不動産関係の相談窓口へ行けば一戸建てのトラブルについての相談には乗ってもらえますし、弁護士などに相談するという手もありますが、意外と泣き寝入りをしているというケースも多いと言われていますから、まずは不動産会社や販売会社と話し合いをしたうえでそれでも納得がいかないという場合には、一度行政に相談をするという流れで話を進めていくというのがいいと思います。

一戸建てといっても種類が色々とあります。戸建の構造にはどのような種類があるのか紹介したいと思います。まずは木造軸組工法と呼ばれる方法がまず一つあります。この方法は柱とはりを組み合わせてつくっていくという方法で、日本で昔から住宅を建築する際に採用されていた方法で、在来工法という呼び方もされています。日本の高温多湿の気候にも十分に対応できるようにするために大きな窓や軒といったものをつけるのがポイントでつくられている一戸建てです。
そして一戸建ての工法としてはツーバイフォーという方法があります。これは2×4という書き方をしてツーバイフォーというのですが、パネルをパズルのように組み立ててつくっていくという方法です。気密性も断熱性も優れているという特徴があります。そして耐震性にも優れているということでも知られています。
そして一戸建ての構造には他にも軽量鉄骨造という方法があります。これは鉄骨で家の骨組みをつくっていったうえでパネルをつけて屋根や壁を取り付けていくというような方法です。耐久性もありますし、耐火性もあるということがこの一戸建ての建て方の特徴になっています。
このように一戸建ての工法といっても色々とあり、特徴も色々とありますから自分がどの方法で家を建てたいのかということによって違ってくるのでよく検討したうえで建築をするといいと思いますし、建売の場合にはどの方法で建てられているのか確認しておきましょう。

一戸建てを購入するにあたっては情報収集が大切です。住みたい場所や地域などを絞ってそのうえでどんな建売の一戸建てを選ぶのかということについて色々と調べなければいけません。一戸建ての家を情報収集しているうちに自分たちが住みたいスタイルの家がどんなものなのか選ぶことができます。
一戸建てに関しての情報収集の仕方としてはどのようにするのかというと、まずはインターネットで情報収集をするということが可能です。戸建住宅を取り扱っているハウスメーカーのホームページや物件情報が掲載されているサイトなどを参考にして選んでみるといいでしょう。そして他にも手軽に一戸建ての情報収集をするという場合には、情報誌を見るという方法もありますし、新聞の折り込みチラシには週末になるとたくさんの一戸建ての住宅の情報チラシが入ると思いますから間取りなども併せてみてみるといいでしょう。
他にも穴場な情報としては、張り紙や直接ポストに入れられているチラシなどがあると思います。未公開物件として書かれているような一戸建ての物件の場合には、このチラシを見ている人やこの張り紙を見ている人だけが知っている情報であるということになりますが、実はそうした不公平な物件の取扱いというのは公正取引法違反になりますので、そうした不動産物件の情報には何らかのリスクがあるかもしれませんから、あまりいい話だと飛びつかない方がいいでしょう。情報収集は慎重に行いましょう。